宇津木諒
Ryo Utsugi

エンジニア

Q1印象に残った仕事はどんな仕事ですか?

初めてのバッチファイル作成した時です。私はLinuxやコマンドに対する大きな
憧れを持って業界に入ったため、はじめのうちはWindowsを触ることに若干の抵抗
を持っていました。しかし、バッチファイルの作成を通して、便利さは劣るものの、
Windowsでもある程度はコマンドで制御可能なことを知り、想像だけで語ったり、
食わず嫌いしたりするのは、様々な可能性を自分で閉じざしているんだ!
と気が付きました。そういった気付きを与えてくれた点で、この仕事は印象的
でした。

Q2自身の職種・仕事で“楽しいこと”と“大変なこと”を教えてください。

[楽しいこと]問題を解決できること

[大変なこと]問題を解決できないこと

システムエンジニアとして業務を進めていく上で、様々な技術的問題に突き当たるということはよくあると思います。システムが想定とは違う動きをしたり、そもそも動かなかったりなどです。こういった問題の原因が分かり、解決できた時は達成感が得られ、楽しいと感じることが多いです。しかし、自分の技術力や知識不足によって原因が分からない時も多くあり、このような時には自力での解決には至らず、大変だと感じることもありますが、その大変さも、結果的には新たな楽しさを生み出す原動力となるので、辛いというだけではありません。

Q3あなたの夢やキャリアプランを教えてください。

データベースに強いエンジニアになりたいと思っています。データベースは実際の業務データを扱うため、システムの核のようなものだと言っても過言ではありません。極めて重要で責任も大変大きいですが、だからこそ、その道は奥深く、多大な面白さを秘めているように思います。このような魅力に惹かれて、データベースに強いエンジニアになりたいという思いを胸に抱いてます。

ページトップへ
Copyright 2010-2014 Cross Power Corporation. All Rights Reserved.