成長し続けるサービスを、明日の社会へ

チェ ミンホ
Choi Minho

エンジニア

Q1クロスパワーの魅力は何ですか?

大きな点では2つあります。
1つめは、教育制度が充実していること。
それに魅かれてクロスパワーに決めたということもあるのですが、想像以上に充実していました。
研修では、エンジニアとしての技術的なことはもちろん、ビジネスマナー研修もあり、私のような新卒でも安心して社会人としてのスタートを切ることができると思います。
また、私は新卒でありながら、韓国からの外国籍採用なのですが、他国からの採用に関しては、ビジネスの日本語や文化の違いなどを学ぶ研修もありました。
日本語は話せたものの、『ビジネスとして通用するのか?』や社会人として、『文化が合わなかったらどうしよう』『いきなり日本で働いても大丈夫か?』など、不安はたくさんありましたが、研修を受けるうちに不安が解消されていくのを感じました。
2つめは、入社をしてからわかったことですが、『人や雰囲気がいい』ことです。
リーダーや先輩は、わからないことを質問すると丁寧に教えてくれたり、どうしたらいいかを一緒に考えてくれたりと、安心して仕事に向かうことができる環境だと思います。
また、公式サークルがいくつかあり、私は、ボルタリング部・ボーリング部・ウィンタースポーツ部に参加しています。メンバーたちと様々な交流ができるのも魅力だと思います。

Q2自身の職種・仕事で“楽しいこと”と“大変なこと”を教えてください。

[楽しいこと]
新しいことはとても楽しいです。
私は、仕事以外でも、初めて見ることや経験にわくわくするのですが、 仕事上でも「これはどういうことだろう?」と次の手を考えたり、自分の中でも答えを当てはめたりすることはとても楽しく、刺激になり、自分の中で新しいエネルギーが湧いてくるのを感じます。

[大変なこと]
出来ることと出来ないことを見分けることだと思います。
今までやったことのないことに挑戦したいけれど、『仕事として行う以上、プロジェクトチーム全体に迷惑はかけられない。』と思うと少し迷いがでてきてしまいます。
また、出来ることばかりしていると『これくらいは大丈夫』とちょっと慢心もでてきてしまうのではないかとも思います。
バランスを考えながら挑戦を続け経験を積むことで、スキルの向上を図り、さらなる挑戦をしていきたいと思います。

Q3あなたの夢やキャリアプランを教えてください。

アプリ開発とインフラ構築の両方ができるマルチエンジニアになりたいと思っています。
今は、希望をしてインフラチームに所属しているのですが、大学時代はJavaを利用したアプリ開発の専攻をしていました。
インフラ構築を突き詰めていった後、またアプリ開発に携わると違った角度で見られるのではないかと考えています。そこでまた、アプリ開発を極めて行きたいと思っています。
今は、もっとスキルアップをして『自分の頭の中にあるシステムを実現したい!』といつも思っています。
また、現在、韓国語・英語・日本語を話すことができるのですが、中国語も勉強して、もっと視野を広げて行きたいとも考えています。

ページトップへ
©️ 2010 Cross Power Corporation. All Rights Reserved.